目的に合ったケーブルを選択する

ネジを埋め込むタイプ

ねじ込みタイプの使い方

ケーブルの先に、ネジがついています。
そのネジをテレビに埋め込むことで、繋げられる仕組みになっています。
力強くネジを締めていれば、小さな子供の力では外すことができません。
ストレートタイプやL字型タイプのケーブルは、子供の力でも簡単にケーブルを抜くことができます。
そのようないたずらが続いて困っている人は、ねじ込みタイプのケーブルを使ってみましょう。

ネジを回しながら埋め込むだけなので、使い方は簡単です。
ねじ込みタイプのケーブルは、あまり有名ではありません。
ですから、扱っている電気屋が限られるかもしれません。
普段行っている電気屋で見つけることができなかったら、別の大きな電気屋に行きましょう。
大きな電気屋なら、扱っているはずです。

テレビを倒さないように注意しよう

しっかりネジを締めておけば、そう簡単にケーブルが外れることはありません。万が一足をケーブルに引っかけてしまっても、外れないので安心ですね。
ですが強くテレビと繋がっていれば、ケーブルに足を引っかけた際、テレビが倒れてしまうかもしれません。
テレビが倒れた時の衝撃で、壊れたら大変です。
足を引っかけても大丈夫だと、油断しないでください。

テレビを倒さないよう、慎重に歩くことを心がけてください。
テレビのそばに誰かがいたら、下敷きになってしまう可能性があります。
小さな子供がいる家庭では、テレビのそばで遊ばないようによく言い聞かせましょう。
普段から気をつけていれば、子供がテレビの下敷きになる事故は避けられます。


TOPへ戻る